外国語が上手に見える人の特徴

 

雑談の一流、二流、三流

雑談の一流、二流、三流

 

雑談の一流、二流、三流という書籍を読んだ。これは日本人向けや日本語を話す人向けを対象に執筆されている。ただこの書籍を読み終えた時、外国人と会話をすつ時にも転換して実践できるのではないかと感じた。なぜなら外国語を上手に操るためには、やはり人間関係を構築する必要がある。そのためには相手との心地よい空間をつくらなければならない。話している時の「心地よさ」「温かさ」「盛り上がり」を通じて人間関係を深めるスキルを習得することが重要だ。そのスキルを今回はここで紹介し、「外国語が上手に見える人の特徴」というタイトルで投稿する。

外国語が上手に見える人の特徴を3つ挙げる。

・相手目線、相手主体で話ができる

・スピーキングにテクニックを用いる

・リアクションにテクニックを用いる

特徴1は相手目線、相手主体で話ができることだ。主に、相手が話題の中心になるように話を振る、相手が話しやすいように質問をする、相手が心地よく話せる表情を作る、話のテーマは食べる・動く・働く・お金を遣う・寝る、ができる人のことを指す。相手に気持ちよく会話をさせることによって、外国語で会話をするのが上手に見えるようになる。相手目線、相手主体で外国人と会話をし、上手に見せられると相手も「またこの人と会話したいな、この人は外国語が上手だな」と思ってくれるだろう。だから相手目線、相手主体で話ができることが重要なのだ。

特徴2はスピーキングにテクニックを用いることだ。そのテクニックは、15秒~30秒で相手に話を渡す、たとえ話をする、質問の種類を使い分ける[なぜ~?・他には~?それで~?それから~?]、「~といえば」というキーワードを使い話題を広げる、1人質問をする、ができる人のことを指す。自分だけが話し過ぎず、具体性と抽象性を織り交ぜ、相手に話したいと思わせる質問力を習得し、それでいて話題を提供できることによって、外国語で会話をするのが上手に見えるようになる。スピーキングにテクニックを用いて外国人と会話をし、上手に見せられると相手も「またこの人と会話したいな、この人は外国語が上手だな」と思ってくれるだろう。だからスピーキングにテクニックを用いることが重要なのだ。

特徴3はリアクションにテクニックを用いることだ。そのテクニックは、相手を承認・奨励・称賛する、SNSでも称賛し相手の話題に被せない、ができる人のことを指す。相手の承認欲を満たし、さらにSNSでも巧みに相手を認めてほしい気持ちを満足させてあげることによって、外国語で会話をするのが上手に見えるようになる。リアクションにテクニックを用い外国人と会話をし、上手に見せられると相手も「またこの人と会話したいな、この人は外国語が上手だな」と思ってくれるだろう。だからリアクションにテクニックを用いることが重要なのだ。

今回は外国語が上手に見える人の特徴として、相手目線、相手主体で話ができる、スピーキングにテクニックを用いる、リアクションにテクニックを用いる、の3つを挙げた。

twitter.com

https://www.instagram.com/ever__green10/

では様々な写真を掲載中。

note.com

bookmeter.com